VT Markets APP

Trade CFDs on FX, Gold and more

Get

ウィークリーマーケット概要

今週予想される市場の動きを見て、次のトレーディングを計画しましょう。

24 May 2024
インフレ懸念にもかかわらず円は上昇、株式マーケットはまちまちのパフォーマンス

・日本の4月消費者物価指数(CPI)は低下、記録的な賃金上昇は一般物価に影響せず。・日銀の課題: インフレ経路が不透明な中、景気低迷に歯止めをかけること。・ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数、ダウ平均株価はいずれも下落。・エヌビディア株は9%超の急騰、AI需要で初の$1000超え。 日本円(USD/JPY)は、経済指標や日本銀行(BOJ)の政策からさまざまなシグナルが出ているにも関わらず、このところ上昇を抑えている。4月の消費者物価指数(CPI)は2.5%と、3月の2.7%から低下した。 生鮮食品を除いたコア・インフレ率は2.2%に低下し、生鮮食品とエネルギーの両方を除いた指標は2.4%に低下した。この減少は、消費活動の減少が賃金と物価の関係に影響を与えたことが主な原因である。 Japan's April inflation slows further to 2.2%, matches forecast https://t.co/qcSv3ZuYS9 pic.twitter.com/pDsQQok9lu— Reuters (@Reuters) May 24, 2024 こうしたニュースにもかかわらず、日銀はかなり複雑なシナリオに直面している。日銀が利上げに踏み切るには、インフレ率が持続的に2%を超え、しかもそのインフレがコスト押し上げではなく需要主導型であるという確信が必要だ。この目標はまだ達成されていない。日本の賃金は過去33年間で最高の年率で上昇したが、インフレ率は一貫して人件費の増加を反映していない。 こちらもご覧下さい: 米国の経済指標が引き続き円相場に影響 日本の経済活動にも障害がある。日本のGDPは昨年第4四半期に停滞した後、第1四半期には0.5%縮小した。個人消費と一般消費の低迷は依然として大きな懸念材料である。マーケット・センチメントでは、7月に10bpの利上げが実施される可能性があると予想されており、これにより今年の利上げ予想総額は25bpとなる。 日本国債(JGB)マーケットは売り手の減少傾向を示しており、10年物利回りは1%を超えた。これは、マーケットが金利と利回りの上昇基調を容認していることを示している。 しかし、米国利回りの上昇や米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的なステートメントにより、こうした利回りの上昇は円相場を押し上げていない。 その結果、ニンジャはボラティリティの回避を目的とした緩やかな上昇で、160円近辺でトレードされている。高利回りの通貨が好まれるため、ドルは引き続き好調に推移すると予想される。 1980年代後半のバブル経済では、急激な賃金上昇と緩やかな金融政策によって資産価格が大幅にインフレし、最終的に長期的な景気低迷を招いた。 最近では、2013年から2014年にかけて、アベノミクスのもとで日銀が積極的な金融緩和を行ったが、当初はインフレと経済活動を押し上げたものの、長期的な持続可能性に苦戦した。 5月時点の株式マーケットはどの様に推移したのか? 最近の株式市場のパフォーマンスは、企業業績と経済データの組み合わせに影響されている。ナスダック総合株価指数は約0.4%下落、S&P500種株価指数は約0.8%下落、ダウ工業株30種平均は1.5%以上下落し、2023年3月以来最悪の600ポイント以上の下落を記録した。この下落の主因は、金利に対する投資家の懸念だった。 エヌビディア(NVDA)は例外で、株価は9%以上急騰し、初めて$ 1,000を超えた。堅調なAI需要に支えられた同社の好業績とガイダンスの引き上げは、ハイテク・セクターの勢いが失われるとの懸念を和らげた。 こちらもご覧下さい: 5月のゴールド、ケーブル、Ninja、Nvidiaのパフォーマンスに関するテクニカル分析 この好業績は波及効果をもたらし、約4%上昇したDellなど他のチップメーカーやAI関連銘柄を押し上げた。 逆に、ボーイング(BA)は、航空機納入遅延の発表を受けて株価が7%下落し、大幅な下落に見舞われた。このニュースはダウ全体のパフォーマンスにマイナスの影響を与えた。 AIRCRAFT LESSOR DAE …

21 May 2024
今週の行方: PMI速報値がAPAC経済の健全性と成長動向を明らかにする

今週発表されるインド、日本、オーストラリアのPMI速報値は、投資家やアナリストの注視の的となるだろう。4月のデータでは、これらの経済圏の堅調な成長が浮き彫りになった。インドは過去14年間で最も力強い成長を続けている。オーストラリアは2年ぶりの高水準で推移し、日本経済はPMIが8ヵ月ぶりの高水準に上昇するなど、勢いを増している。 5月のPMIデータを目前に控え、これらのデータは成長トレンドが継続しているかどうか、また地域経済政策への影響を評価するために不可欠である。好調なPMIデータは投資家の信頼感を高め、企業が好況と潜在的な収益性を経験していることを示唆する。逆に、予想を下回るPMIデータは、今後の経済的課題を示唆し、投資家の慎重な行動を促す可能性がある。 世界の他の地域も緊張の連続 今週は、ニュージーランド、韓国、インドネシア、トルコの中央銀行会合も注目される。金融政策の設定に変更はないと予想されるが、今後の政策の方向性に関するステートメントやシグナルは重要な意味を持つ。投資家は、これらの中央銀行が経済情勢の変化をどの様にナビゲートするかに注目するだろう。 ニュージーランドでは、アナリストが、ニュージーランド準備銀行が経済成長を支えながら、インフレ対策にどの様に取り組んでいくのか、その手がかりを探るだろう。韓国では、輸出主導の景気回復と国内消費に関する韓国中銀の見通しが極めて重要になる。 インドネシア中銀は、世界経済が不透明な中、安定を維持するためのスタンスがカギとなり、トルコ中銀は、高インフレと通貨安定を管理するためのアプローチが注視される。 数週間の混乱の後、日本のインフレ・データも注目される。auじぶん銀行PMIは、円安によるコスト圧力の上昇を示し、輸入物価を押し上げている。消費者物価指数(CPI)の上昇傾向は、日銀による利上げ期待を煽り、長年の緩和的政策スタンスの転換を示す可能性がある。 5月のPMI速報値の重要性は? 5月のPMI速報値は、第2四半期半ばの経済成長を測る指標となる。4月のデータはまちまちの結果となった。英国は総合PMIが12ヵ月ぶりの高水準を記録し、昨年末の一時的な景気後退が終わったことを示唆した。ユーロ圏のHCOB PMIは11ヵ月ぶりの高水準となり、回復の兆しを見せた。 対照的に、米国は成長率が4ヵ月ぶりの低水準に鈍化し、PMIはユーロ圏と英国のそれを下回った。この鈍化は、新規受注が6ヵ月ぶりに減少したことと、それに伴い雇用が減少したことによる。 ご興味のある方はこちらもご覧下さい: FRBのソフトランディングで米国株は急騰 このような変化は利下げ時期に関する期待に影響を与える可能性があり、欧州では早ければ6月にも利下げが実施されるかもしれないが、米国では年明けまで利下げが実施されないかもしれないとの憶測が出ている。 今すぐトレーディングを開始 – ここをクリックして、VT Marketsのライブ口座を作成して下さい。

今すぐVT Marketsでトレーディングを始める

  • 1

    登録

    VT Marketsのライブトレーディング口座に登録する。
  • 2

    入金

    ご希望の入金方法で口座に入金して下さい。
  • 3

    トレードする

    PC、モバイル、ウェブでトレーディングを開始
今すぐ始める